HOME > 腰痛 > なぜ腰が痛くなるのか?
head_img_slim

なぜ腰が痛くなるのか?

前かがみの体勢での作業や、重いものを運ぶような作業等、腰の筋肉を使いすぎると、肩と同様に筋肉内に色々な痛みを生じさせる疲労物質がたまります。
その痛みのために腰の筋肉が緊張し硬くなります。その結果、筋肉内の血液の流れが悪くなり、ますます疲労物質が増えるといった悪循環に陥ります。一般的には、こうした状態から腰痛が発症します。

またストレスにより自律神経の働きが弱まったことで、発症(または増幅)することもあります。さらに腰周りの内蔵の不調から痛みを生じさせることもあります。

※安静時(寝ている時など)でも腰が痛い場合は、医療機関への診断をお勧めします。

line

line

腰痛の関連記事

お問い合わせは今スグこちら!

電話をかける

電話番号 0120-97-5948
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

line

ページトップに戻る