HOME > 腰痛 > 坐骨神経痛
head_img_slim

□坐骨神経痛とは?
坐骨神経は、第4、第5腰神経と第1~第3仙骨神経からはじまり、お尻にある「梨状筋」という筋肉の前面を通って太ももの裏を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。太さはボールペンほどもあり、末梢神経の中では最も長く、太い神経です。

坐骨神経痛とは、上記坐骨神経が、腰椎の隙間と骨盤からお尻を出るまでのどこかで、神経が圧迫されて起こる、痛みやしびれのことです。

□坐骨神経の原因とは?
原因はさまざまです。坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが一般的な原因とされています。当院は、内臓疲労や冷えにも原因があると考えます。

□こんな症状ありませんか?
レお尻にいつも痛みやしびれを感じる。
レ太ももからふくらはぎ、足先ににかけて、痛み・しびれ・違和感がある。
レお尻や足の痛み・しびれだけでなく、腰も痛い。
レお尻や足が痛くて、立っていることがつらい。
レ痛む側のおしりや足が冷えている感じがする。

□当院の施術について
患者様の症状に合わせて、骨格の歪みを調整し、筋をゆるめ、内臓疲労や冷えの改善をおこなっていきます。

痛みやシビレが強い方は数週間のあいだ、週2回のご来院をおすすめしております。その後、症状が落ちついてきたら週に1回程度に開けていきます。当院では、8~12回ほどで症状が落ち着く方が多く見受けられます。

腰痛の関連記事

お問い合わせは今スグこちら!

電話をかける

電話番号 0120-97-5948
icon お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

line

ページトップに戻る